電子決済サービスの比較サイト【決済ステーション】

お金を持って隠れてるクマ

近年、キャッシュレス導入が急激に増加しており、その需要は高まっています。
日本にはすでに様々なキャッシュレス決済サービスがあり、どれを使えばいいか迷っている方も多いのでは無いでしょうか?
今回は、店舗向けキャッシュレス決済の導入を考えている方向けにキャッシュレス決済の種類やメリットを説明します。

キャッシュレス決済とは

キャッシュレス決済とは一言でいうと、「お金を支払う際にお金以外の方法で支払う」ことです。
また、キャッシュレスと一口に言ってもその種類は様々です。
クレジットカードや交通系ICカード、流通系ICカード、タッチ型決済、QRコード決済など、決済手段は多岐にわたります。

キャッシュレス決済の種類・方法

キャッシュレス決済は主に、先払い(プリペイド式)、後払い(ポストペイ式)、即時払い(デビット型)などに分類されますが、より利便性の高いキャッシュレスを普及させるべく、LINE Pay、楽天ペイ、Origami、PayPay(ペイペイ)、メルペイに代表される「コード読み取り型」の存在感も増しています。

導入するメリット

キャッシュレス決済を導入するメリットは、どのようなものがあるのでしょうか?

会計時間の短縮

いちいち財布からお札や小銭をだす手間と、金銭授受の時間が省けるので、会計が楽だという意見が多くあるようです。

現金の見間違い防止

お釣りの金額を間違えた、などのミスがなくなるのでトラブル防止にも役に立ちそうです。

購入機会損失の防止

手持ちの現金が不足してるから購入は諦める…と言ったお客さんも少なくなるので購入機会損失の防止には非常に向いています。

まとめ

このように様々なメリットがあるキャッシュレス決済ですが、もちろんデメリットもあります。いい面と悪い面を見極めて、どれが一番最適なのかをぜひ検討してみてはいかがですか?

                   

決済会社を徹底比較