電子決済サービスの比較サイト【決済ステーション】

ネットで買い物する人

近年ますます需要が高まっているキャッシュレス、いわゆる「スマホ決済」。
種類が多すぎて結局どれを使ったらいいの?という方の為にスマホ決済のサービス各社のポイント還元率を比較します。

スマホ決済主要3社のポイント還元率

PayPay(ペイペイ)

PayPay(ペイペイ)とは、ソフトバンクとヤフーが設立した「PayPay株式会社」が運営する、スマホを使って支払うサービスです。
アプリに表示されるQRコードやバーコードを使って決済をするため、手軽に利用することができるのが特徴です。

還元率は
・店舗での決済・請求書支払い:0.5〜1.5%
・オンライン決済:1〜2%
ポイントの有効期限は無期限になってます。

楽天ペイ

楽天ペイは、楽天会員が利用できる決済サービスです。
楽天会員情報に登録したクレジットカードや楽天スーパーポイントを使って決済ができる仕組みです。
アプリに表示されるQRコードやバーコードを使って決済するので、手軽で安全性が高いのが魅力です。

還元率は
・楽天ポイント、楽天キャッシュによる支払い:1%
・楽天カードから楽天キャッシュにチャージしての支払い:1.5%
・紐付けた楽天カードによる支払い:1%
ポイントの有効期限は付与から1年間(ポイント加算ごとに1年延長)です。

メルペイ

人気フリマアプリ「メルカリ」の売上金をコンビニなどの決済で使えるようにしたサービスです。
メルカリの売上金がなくても手数料無料で銀行口座からチャージできるので、誰でも利用することが可能です。

還元率は
0%(還元なし)
メルペイには、常設の還元システムがありません。
しかし、キャンペーンなどで20〜50%還元の大規模キャンペーンが不定期に開催されているので、動向をチェックする必要があるでしょう。

まとめ
主要3社のサービスを紹介しましたが、ここで紹介した以外にも様々なサービスがあります。
どれが自分に一番合っているのかよく考えてキャッシュレス生活を送りましょう。

                   

決済会社を徹底比較