電子決済サービスの比較サイト【決済ステーション】

2枚のクレジットカード

近年、キャッシュレスの普及に伴い多くの電子マネーの需要が高まっています。
種類が多い分、仕組みやルールがたくさんあり、どれを使うか迷ってしまう…なんてことも。
今回は、今さら聞けない電子マネーの仕組みや特徴について説明します。

電子マネーとは?

電子マネーとは通常、「現金をデータ化して決済をすること」を言います。
現金を使わず電子的なデータのやりとりでサービスやモノを買うことができる、とても便利な仕組みです。

メリットとは

電子マネーを利用すると、現金を持ち歩かなくても買い物ができ、細かい釣り銭も発生しません。
クレジットカードなどは大額の買い物に利用する際に適しているため、ちょっとした買い物には不向きな印象もあります。
電子マネーであれば、チャージした分だけ利用することも可能なので、コンビニやスーパーでも手軽に利用できるところがメリットと言えます。

種類と特徴

電子マネーには3つの支払い方法があります。

先払い(プリペイド式)

電子マネーの中で最も一般的なものがプリペイド式でしょう。
SuicaやPASMOが代表的な例で、あらかじめ現金をチャージすることで利用ができる仕組みです。
あらかじめお金を入れる仕組みなので、お金を持ってると使いすぎ無いか心配…という方にはぴったりです。

後払い(ポストペイ式)

iDやQUICPayなどの電子マネーとクレジットカードを連携させて利用する電子マネーです。電子マネーで支払いをした分が、クレジットカードの支払日に口座から引き落とされる仕組みです。

即時払い(デビット型)

電子マネーとデビットカードを連携させて利用する電子マネーです。
カードでの支払いと同時にご自身の銀行口座から引き落としがされる仕組みです。
利用可能額は口座の引き落とし口座の残高なので、プリペイド同様使いすぎを防止することができます。

まとめ

電子マネーには、支払いの手軽さや管理のしやすさなど、様々なメリットがあります。
メリット・デメリットを踏まえ、あなたも電子マネーデビューをしてみてはいかがでしょうか?

                   

決済会社を徹底比較